とても期待して利用した無料の愛人募集掲示板。
多くの男性からの大量のメールが届きました。
あまりのメールの数の多さに圧倒されてしまいました。
期待を込めながら、メールを開封したのです。
でも私の期待は、崩れ去っていくことになりました。
肉体関係を作らないパパを募集しました。
そのことは掲示板にもしっかり伝えました。
デートだけのパパを募集したのです。
でも、届けられたメールを見たときは失望しました。
メールはすべて肉体関係を持ちたいという内容でした。
愛人契約したいとか、熟女が好きだからセフレになりたいだとか、初体験の相手になって欲しいだとか、エッチな写メを交換しようというのもありました。
会わないまでもテレフォンセックスで楽しまないか?というようなお誘いまでありました。
エッチな関係を作らないと、しっかり書き込んでおきました。
それなのに、大量に届くメールは、そのすべてが大人の関係を作りたいというものでした。
それでも諦めきれない私は、パパ募集を掲示板で続けてみました。

 

 やっとエッチなしのパパを発見、待ち合わせしてみました。
ところがいきなりラブホテルに連れて行かれそうになり恐怖しました。
「最初だけエッチすれば、あとはずっと食事だけでお金払うから」
こんな言葉信用できるわけありません。
怖くなって、その場から逃げ出してしまったのでした。
本当に恐怖体験になってしまいました。

 

 数日後、主婦友達からランチのお誘いがありました。
私はお小遣いが少ないために、ランチの誘いは断ることがほとんどです。
でもこの日は、主婦友達がお金を支払うから付き合って欲しいとお願いしてきたのです。
お言葉に甘えることにしました。
同じ専業主婦で、よくご馳走するお金があるなと思ったら、彼女はパパ活に成功していたようなのです。