チャH

ある総合病院で医師として勤務していたことがありましてね。気の休まる時はありませんでした。
もちろん、ローテーションで休みはありましたが、いつ患者さんが急変するかわからないですし、担当医としては休みと言うより自宅待機と言う感じでした。その辺の連絡網は整っていて、もし患者さんに何かがあれば夜勤担当者から連絡が来るんですよ。火急の事態の時は、熟睡してようが何してようが電話連絡ですね。幸い、僕が勤務していた時は、そこまで切羽詰まった事態は発生しませんでしたが。
それ以外の時はスマホのチャットツールでつながっていました。もちろん仕事メインなのですが、プライベートでも結構使っていましたね。僕の場合は、もっぱらナースとのチャHでした。
いや、夜勤の時って暇なんですよ。それこそ何かあった時のための保険みたいな存在ですが、実際には何もないことの方が多い。最初の頃は夜勤の時はこの病院で何かあったら俺の責任だ!とばかり気が張っていましたけど、慣れてくると段々と気が抜けてくるものなのですよね。それは僕だけじゃなくて、皆がそうだったと思います。
チャHのやり方を覚えてコロナで相席屋に行けない憂さを晴らしてます
夜勤しているナースに「夜勤の時はどんなパンツ履いてるの?」とか平気で聞いていましたね。暇を持て余しているノリのいいナースは応じてくれましたし、そんな子には僕が夜勤している時に「さすがに夜勤中は全裸になれないから、代わりにパンツ脱いでよ」などとチャHしてました。
「何言ってるんですかー」と軽くあしらってくる女の子が多かったですが、自宅から勤務中の僕に向かってパンツ脱いでお尻を出している姿を想像するだけで、退屈な夜勤も楽しく過ごせましたね。
ああ、もちろん、強制ではありませんよ。ノリのいい子については会話にエロを交えていたというだけで、探りを入れてこの子とチャHは無理だなと思ったら「何か困ったことない?」と普通に優しい先輩医師を演じていました。
まあ、そんな女の子たちに医局に通報されたことがきっかけで、チャットツールのログを調べられたのが医師の仕事を続けられなくなった原因なんですけどね。今は一般女性相手に「今から君のまんこを緊急手術するぞ~!」と当時の知識を生かしたチャHをしています。
チャH
テレフォンセックス掲示板