23歳独身女性保育士の出会い系サイト利用記

私は保育士をしています。
普段接するのは子供ばかりで出会いがありません。

私はもともとヤリマンで性欲が強く、中学生のころからオナニーをしていました。
今も自宅にバイブを持っているし、イライラした時には1人Hで気を紛らわします。
でも生理前になるとどうしてもHがしたくてたまらなくなります。
そんな時、インターネットの出会い系サイトで出会いを見つけています。

私はもともとおとなしく見られます。
性格もおとなしい方です。
ヤリマンというと派手な女性を想像するかもしれませんが、私はどこをとっても普通です。

写真などでヤリマンっぽくないねと言われるのですが、そこに好感を持ってくれる人も多いようです。
すごく綺麗でもありませんが、相手が見つかり思う存分Hが出来るというのは本当に嬉しいです。
1度始めると、どうしてもまたしたくなって利用する回数も増えています。

普段はヤリマンなんて言葉も使わないし、私を見てそんな印象を持つ人もいないでしょう。
先日会った28歳の男性の話を聞いてください。
彼は、私を見るなりすごく好みだと言ってくれました。

まず、車の中ですぐに胸を揉んできました。
いきなりHな雰囲気に持って行ってくれる感じに私は嬉しくなりました。
駐車場に車を停めると、指をあそこに入れてきました。

くちゅくちゅとした音が、響いてGスポットをこすられます。
私は、はねるように絶頂をむかえました。
「本当にHが好きなんだね。」と言ってもらえて嬉しかったです。

車の後ろの方は広いので移動して、私は男性のおちんちんを舐めます。
早く入れてほしくてたまりません。
出そう、という男性に「ここに入れて」とあそこを指で広げました。

「お口じゃなくて中で出して。」と言うと、男性はとても喜んで腰を動かしてきました。
ぐちゅぐちゅと卑猥な音が鳴り、車の中のセックスは最高だと思いました。
男性が腰を掴み、私の奥で思い切り精子を出します。

おちんちんが、びくんびくんとなる感覚で私も、イッてしまいました。
これからもこんなふうにHが出来る出会い系サイトはやめることが出来そうにありません。

29歳専業主婦の人妻掲示板利用記

人妻掲示板で知り合った男性とメールをして1ヶ月が経った。
人妻掲示板っていうのは、ネットで見つけて、暇つぶしで始めただけだったけど、
旦那が家にいなくて、テレビも見飽きて、雑誌にも飽きて、
夢中になれるゲームもなくなったとき、もう退屈で、死にそうだった。
そのときに人妻掲示板を始めたけど、
これは私にとっては新しいおもちゃみたいなもの。
しかも、ただのおもちゃじゃなくて、相手がいるおもちゃ。
そのおもちゃとの遊びは現実にも影響を及ぼして私の生活を変えてしまうかもしれない。
そんな刺激的な、遊び。面白くて仕方ない。
しかも相手は私が人妻だということを知っていて、関わっている。
まあ、この掲示板を使う人の最終目標はどこかといったら、セックスなんだと思う。
結局、ヤリたいだけだから、ヤったあとに後腐れのない人妻を狙って、
1回セックスしたらそれでおしまいか、
もしくはそのままセックスフレンドとして
付き合い続けるのかのどちらかのパターンになるのだと思う。
まあ、あれだよね。逆に考えると、ゾッコンになって、
付き合い続けちゃうっていう方が、やばいかもね。
いけない恋まっしぐらで、そこにあるのは破滅だけ。みたいな。
でも、そんな情熱的な恋、ドラマの中くらいで現実にあるわけないだろうけれど。
メールをしていても、会おうって誘われるけれど、結局、
会って何をするのかっていったら、セックスをするんだろうなって思ってしまう。
会う=セックス。この構図が存在している。
暗黙の了承で。